Daikan trading company

2017/11/06

肌を綺麗に見せるオールインワン化粧品!話題のBBクリームとは?

 

肌を綺麗に見せるオールインワン化粧品!話題のBBクリームとは?

 

この記事を読むための時間:10分

 

韓国から日本に伝わって来た「BBクリーム」はオールインワン化粧品として、現在非常に人気が高まっています。しかし、実はBBクリームの役割を知らない方も多いのではないでしょうか。今回はBBクリームのメリットや、CCクリームとの違いを説明するので利用を検討している方は是非参考にしてください。

 

そもそもBBクリームって何?

 

BBクリームは「Blemish Balm」の頭文字を取って、その名が付けられました。元々は「傷を修復する軟膏」という意味で、ドイツの皮膚科クリニックが医療用軟膏として開発したのが始まりです。古い角質を落として美しい皮膚を形成させる「ピーリング」の施術後は、肌がデリケートな状態となります。紫外線によってデリケートな肌が傷付かないように、BBクリームを塗って肌を保護していたのです。

 

美的意識の高い韓国の女性は美容整形やレーザー治療を頻繁に行っているため、肌の保護を非常に重視しています。そこで肌を守る、または施術したことを他の人へ気付かせない目的でBBクリームを使うようになりました。女性から支持されている商品なので美容成分や保湿成分を含む商品が次々に展開され、韓国から日本へ伝わったという流れです。

 

BBクリームはさまざまな成分が含まれているため、自分の目的に合った商品を探す必要があります。成分のバランスが良い「通常タイプ」の他に肌のハリやツヤを取り戻す「美容タイプ」、肌を明るく見せる「ブライトニングタイプ」、夏に使いやすい「日焼け止めタイプ」の全4種類が展開されています。紫外線吸収剤・鉱物油・石油系界面活性剤といった刺激成分が含まれていない、安全な商品を選ぶことが大切です。

 

BBクリーム オススメ

 

化粧下地+美容液+日焼け止め+コンシーラー=BBクリーム

 

BBクリームは主に4種類の化粧品の役割を果たしています。最も一般的なのは下地として利用する方法です。ベースメイクはスキンケア・下地・ファンデーションという順番で行われます。BBクリームは下地とファンデーションの能力を兼ね備えているので、両方をカバーできます。粉タイプのファンデーションよりもBBクリームの方が肌に馴染むため、落ちにくいことが特徴です。

 

美容成分を含んでいる商品は美容液、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸をはじめとする保湿成分に優れている場合は保湿クリームとして使う方法もあります。美容液には肌を若返らせるエイジングケア成分が含まれているので、「ターンオーバー」を促してくれます。ターンオーバーは古い角質を排出して、新しい肌に生まれ変わることです。年齢や体質によって周期があり、年を取るとターンオーバーの周期が遅れていきます。つまり、老廃物が溜まりやすい体になるということです。BBクリームによって老廃物を排出すれば、明るくてハリ・ツヤのある肌へサポートしてくれるでしょう。

 

BBクリーム オススメ

 

最初に述べたようにBBクリームはデリケートな肌を紫外線から守るために開発された経緯があるので、日焼け止めクリームとして使うことも可能です。日焼け止めの効果を表すSPFとPAが強過ぎない商品は安全性が高く、敏感肌の人でも使いやすくなっています。

 

コンシーラーは気になる部分に重ね塗りする化粧品です。BBクリームは顔全体に塗って馴染ませる方法が一般的ですが、ニキビ跡やシミが気になる所にはコンシーラーのように部分的に使っても構いません。指にBBクリームを少し出して気になる部分へトントンと、軽く叩くように馴染ませてください。

 

BBクリームを使うべき肌トラブル

 

濃いシミが気になる人はBBクリームを使えば、色が薄くなるかもしれません。シミは肌の色を構成している「メラニン色素」が沈着することで発生します。メラニン色素はターンオーバーによって定期的に排出されますが、紫外線によってダメージを受け過ぎた・加齢現象でターンオーバーが上手くいかない時は体内に止まってしまいます。BBクリームに含まれている美白成分によってターンオーバーを活発化すると、メラニン色素が排出されてシミの色が薄くなるという仕組みです。つまり、BBクリームは気になる部分を隠すだけではなく、根本的な解決を図ることを意味します。ニキビ跡にもターンオーバーが深く関わっているため、BBクリームによって改善する可能性があります。

 

さらに、粉タイプのファンデーションより肌に馴染みやすいBBクリームなら、シワが気になる人にも効果的です。シワを目立たせることなく隠してくれるので、年配の利用者が増加しています。BBクリームで肌にハリが戻れば、肌の表面が張ってシワを取り除くことも可能です。

 

化粧品 安全

 

CCクリームとは?BBクリームとの違い

 

BBクリームと名称が似ている化粧品として「CCクリーム」が挙げられます。CCクリームはBBクリームと同じように化粧下地の役割を果たし、ベースメイクで使用されています。しかし、軽めのテクスチャーになっていることがBBクリームとの違いです。CCクリームは肌の色味補正をすることに特化しているため、ナチュラルな仕上がりになります。本来の肌色を微調整しているだけなので、自然な仕上がりにしたい人はCCクリームが最適です。また、重いテクスチャーが苦手なオイリー肌の人も、CCクリームを好む傾向にあります。

ファンデーションの要素がないものの、シミやニキビ跡をカバーしたい人はCCクリームを使った後にファンデーションを使う方法もアリです。BBクリーム以上に肌へ馴染みやすく、使い勝手が良くなっています。商品によってオールインワン化粧品として使用できるものや、ベースメイクに特化したものがあるので事前に確認してから購入することが大切です。

 

おすすめ商品!Any美の『ナチュラルマジックBBクリーム』

 

韓国コスメブランドとして知られる『Any美』から、『ナチュラルマジックBBクリーム』が販売されています。健康的な肌色の「ナチュラルベージュ」と明るめの「ハイライトベージュ」が用意されているので、好みや肌色に合わせて購入できます。価格は約3500円で、日焼け止め成分を多く含んでいることが特徴です。紫外線から肌をしっかり守ってくれるので、夏に利用する人が多く見られます。ファンデーション・コンシーラー・乳液など、1本で6約を担っている便利なオールインワン化粧品です。

 

 

ナチュラルマジックBBクリームは肌の代謝をサポートし、優れた保湿成分を誇る「高麗人参」を配合しています。高麗人参に含まれている成分を余すことなく配合するために、収穫後は皮付きのまま蒸発・乾燥・抽出を行っています。その他にダメージを未然に防ぐ「エスカルゴ」や、安全性の高い「天然植物性成分」を取り入れてることが魅力です。化学オイルを使用していないので、肌が敏感な人でも使いやすくなっています。

 

メリット豊富なBBクリーム!是非使ってみてください

 

BBクリームは元々医療用軟膏でしたが、現在はオールインワン化粧品として使用されています。オールインワン化粧品はメイク時間を短縮し、ベタベタしにくいメリットがあります。さまざまな成分が含まれているため、自分の肌タイプに合った商品を探すことが大切です。成分表をチェックするだけではなく、口コミを参考にすると求めている商品が見つかるでしょう。

 

特に今回紹介した当社で扱うAny美のナチュラルマジックBBクリームは高麗人参・エスカルゴ・天然植物性成分を含んでいるため、数あるBBクリームの中でも人気が高いです。是非自分に合ったBBクリームを購入して、肌ケアに役立ててください。

 

 

高麗人参含有の韓国コスメ「Any美」なら

Daikan trading company

 

高麗人参エキス含有の韓国コスメ「Any美」の日本で唯一の販売店です。「Any美」基礎化粧品シリーズは、長年高麗人参について研究を重ねてきた韓国K.N.Life社が満を持して発売を開始した商品です。製造元の協力のもと、ほぼ韓国でお求めいただくのと同等の価格にて販売をさせていただいております。

高麗人参含有の韓国コスメ「Any美」なら

 

 


Top