Daikan trading company

2018/04/30

年齢によって違う?20代の基礎化粧品の選び方

化粧品 20代

 

年齢によって違う?20代の基礎化粧品の選び方

 

この記事を読むための時間:5分

 

「20代は、まだ若いから気にしなくても平気」と感じている人もいます。しかし、20代のスキンケアが将来の肌を左右することも。今回は20代の基礎化粧品の選び方についてご紹介します。「肌のツヤがなくなってきたな…」という人にも必見です。

 

20代は前半と後半で悩みが違う?

 

「20代はお肌の曲がり角」というように、肌の美しさは25歳でピークを迎えます。20代前半は思春期の肌トラブルを、そのまま引き継いでいる傾向が多いです。10代の頃のようにテカりやすかったり、ニキビができやすかったりします。それだけでなく、20代前半になると「乾燥しやすい」といった症状に悩まされることも少なくありません。

 

皮脂が多いはずなのに、乾燥しやすいのはなぜなのでしょう?実は「皮脂の多さと肌の潤いは比例しない」と言われています。肌は油分が含まれていると皮脂になり、水分が含まれると潤いになります。そのようなことから「殺菌作用などのある基礎化粧品を10代と同じように使い続け、油分だけでなく肌の水分まで取ってしまった」というケースが起こりがちなのです。20代前半の基礎化粧品選びは、肌にしっかり水分を与えつつ、不要な油分を除くものが適しています。

 

保湿成分のあるセラミド、ヒアルロン酸やコラーゲンなどは20代前半のお肌にも良いでしょう。夏場は油分が多くなってしまうため、乳液を少なくするなどの対策も有効です。また、20代後半になると20代前半の肌質と変わる場合があります。以前はできなかった場所に吹き出物ができたり、体調によって肌の状態が変わったりするのです。人によっては、シミやシワが少しずつ気になり始める頃かもしれません。以前よりハリがないと感じ、この時期からスキンケアにこだわる人も。

 

20代後半は、肌の状態が不安定と言われています。そのため、20代後半の基礎化粧品選びは、季節や体調、部位によって使い分けることが大切。「シミが現れた部分には、美白成分の含まれた乳液を使う。目元が乾燥したら、アイクリームを塗る。」といった対策も良いです。乳液やクリームはもちろん、化粧水の選び方にもこだわりましょう。化粧水は毛穴を引き締める効果を持ち、朝晩の肌質を保つことができます。皮脂や炎症を抑える働きがあるビタミンCが配合された化粧水などもおすすめです。

 

韓国コスメは20代の肌にもOK?

 

20代は前半と後半で肌質もスキンケアも異なると言われますが、どの世代でも使いやすい成分が含まれた韓国コスメがあります。その韓国コスメは「Any美シリーズ」です。

 

Any美は、高麗人参について長年研究を行ってきたK.N.Life社が発売した化粧品です。もちろんAny美には、高麗人参の有効成分を配合していますが、より高い効果を発揮できるようにと、高麗人参を加工した紅参(こうじん)を使用していることもポイントです。高麗人参には30代、40代だけでなく、20代の肌に対しても嬉しい成分が含まれています。

 

高麗人参は、20代前半にありがちなニキビや肌あれを防ぐ抗炎症作用や、肌の潤いをキープする高保湿作用もあると言われます。また、20代後半の肌質にも良い、顔のたるみを抑える抗酸化作用や、新陳代謝をアップさせるアンチエイジング効果も期待できるのです。

 

 

化粧品 20代

 

20代のスキンケアが美しい肌を保つカギ

 

20代のスキンケアによって、30代以降の肌質も変わってくると言われています。今まで基礎化粧品にこだわっていなかったという人も、自分の肌に合った化粧品を検討してみることが重要です。20代後半は仕事が忙しくなる人や、結婚などで環境が変化する人も多いのではないでしょうか。ストレスにさらされがちな20代後半は、自分の体調に合ったスキンケアや化粧品選びをすることも大切になります。また、紫外線対策はもちろん、紫外線の刺激を和らげるような基礎化粧品は、20代の肌にもおすすめです。

 

 

 

高麗人参含有の韓国コスメ「Any美」なら

Daikan trading company

 

高麗人参エキス含有の韓国コスメ「Any美」の日本で唯一の販売店です。「Any美」基礎化粧品シリーズは、長年高麗人参について研究を重ねてきた韓国K.N.Life社が満を持して発売を開始した商品です。製造元の協力のもと、ほぼ韓国でお求めいただくのと同等の価格にて販売をさせていただいております。

高麗人参含有の韓国コスメ「Any美」なら

 

 


Top